アロマオイル販売店の香りレポート


香りのレポート  


アロマオイル販売店アロマキュア

国際バラとガーデニングショウ

今回は、西武ドームで行われた第10回国際バラとガーデニングショウを取材してきました。
最近のバラは香りは二の次で、色や形、つまり見た目の美しさが重要視されるようです。
今回の取材で、なにかおもしろい発見があるとよいですが。

会場はバラの愛好家でいっぱい!

香りの女王と呼ばれるバラはたくさんの花々の中で最も愛されているのではないでしょうか。会場に入ると予想通りの人だかり。ガーデンニングショウということもあり、年配の方が多くご来場されていました。ローズの香りに包まれることを期待していましたが、混雑している中では、香水のにおいと入り混じってました。

職人技です!

会場にはバラバラで持ち運ばれたはずの資材や花をこんなにも精巧に設置するなんて考えられません。ドームの中ということを忘れるほどのリアリティに驚かされました。

ローズオイルが高価なのは当然!

バラは香りも形も美しいという形容詞がぴったりです。中世ヨーロッパからバラにまつわるエピソードはたくさん生まれています。香料としては、1kg生産するのに3tもの花びらが必要です。個数にすると百四十万個。想像もつきませんね。バラの収穫は日が昇る前の早朝に手摘みで行われます。

庭の芸術

ひときわ香りを感じるスペースがありました。五感のなかの4つを刺激するというガーデン。バラの香り、水の音、いろとりどりの花々、庭を歩き肌で感じます。ここまでいくと非現実的な世界ですね。

バラの盆栽までありました。実のところ、私はガーデニングはおろか、店の観葉植物に水やりするぐらいが精一杯。バラのきれいな写真を撮るぐらいが限度かな、と思い帰ろうとしたところです。

最後に思わぬ展開が!

最後にバラと香りについて尋ねてみようと関係者の方のところに伺いました。偶然にも相談した方が、香りについての知識が深く、アロマの講座も行うことがあるという先生でした。もちろんバラのスペシャリストでたくさんのことを教えていただきました。

無知というものは恐いもので、現代でもバラの香りは重視されているようです。国内で行われる国際バラ新品種コンクールでは、全入賞花中、香りの得点が最高のバラに神代植物公園から芳香賞が贈られているようです。

本を見せていただき、数え切れないほどの香りをもつバラがあることを知りました。ミルラやアニスを思わせる香り。レモンやストロベリー、ピーチを思わせる香り。などなど香りが強いのはオールドローズだけではないようです。実際、確かにクローブを思わせる香りのバラまでありました。男性には若草をもんだようなグリーンな香りのティーローズが好まれるようですです。

取材を終えて

バラの美しさだけではなく、最後に香りの奥深さに触れることができました。帰り際には来てよかったとうれしくなりました。

最後に相談した先生は、たくさんのバラを育てているとのこと。場所は離れていますが、偶然にも弊社と同じ杉並区にお住いでした。見に来てもよいとおっしゃってくださったので、ぜひともお伺いしたいと思います。

 

アロマオイル販売店の香りレポート トップに戻る

 

 

当店ではアロマオイルの通信販売を行っています。

 アロマオイル販売店アロマキュア

 東京都杉並区清水3-24-10

 お問い合わせ

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送